本来の金利以上の高い金利でお金を借りた時

過払い金は本来の金利以上の高い金利でお金を借りた時、金利の差額から発生する金額なのです。
払いすぎの金額であるから過払い金といわれております。


また、この金利はグレーゾーン金利といわれておりました。

つくし法律事務所の有益な情報の紹介です。

現在は法律が改正されてグレーゾーン金利はありませんが、以前はサラリーマン金融からお金を借りる時には利息制限法を越えて、出資法の上限金利である29.2パーセントでお金を貸しているケースがあったのです。

29パーセントですと200万円借りたら58万円が利息です。

不動産の弁護士情報をまとめてチェックしよう。

月々の支払いが5万円以上でないと借金の元金が減らないのです。過払い金の借金は長く続くのがこの点にあります。


しかし、法律が改正された後、過払い金請求の集団訴訟などで支払い請求の判決がありますと、過払い金請求はいろんなところで発生しました。基本的に過払い金請求は借りた人が個人で行うのです。
しかし、個人が金融機関を相手に過払い金請求してもなかなかスムーズに行かないのが現状です。

金融機関は集団訴訟での案件は過払い金は支払いますが、個別の債権については過払い金は支払う義務が無いのです。


そのため、個人での過払い金請求がうまくいかないのです。そんな時は、借金問題にも詳しい、司法書士、弁護士を代理人にして過払い請求する方法があります。

司法書士、弁護士は法律を元に企業の違法性、社会的な責任を指摘して過払い金請求を行います。
そうなりますと、金融機関も過払い金請求に対して対応しないといけません。

支払い中の借金に対する過払い金であれば、返金額を残金から減額して、金利を正しくして返済を続けるなどができますし、完済してしまった借金についても、最後の支払いから10年が経過していなければ、金融機関に対して過払い金請求ができます。

司法書士、弁護士による代理請求は自分一人で行うよりもスムーズにできますし、個人情報も漏れる心配はありません。
自分の借金が過去において過払いがあるかについても調べてくれますので一度相談することをお勧めします。

千葉の弁護士の遺産相続情報サイトについて考えます。



Copyright (C) 本来の金利以上の高い金利でお金を借りた時 All Rights Reserved.